ERC 会社概要 神戸の不動産・建築

沿革実績

平成9年 総合リフォーム業として「はいから館神戸」を創業
平成10年~14年

ノーリツ(株)のユーティリティユニット等の製作及び個人宅のリフォーム、増築工事等に特化
売上高 年商8,000万円 → 1億2,000万円

平成14年 9月
法人格取得 資本金1,000万円
株式会社イーアールシティーズ設立
10月
第1号リノベーション物件取得(神戸市垂水区清水ヶ丘マンション3件)
12月
中古マンション5件(区分所有) バルクセールにて取得
平成15年 4月
第1期決算 売上高 1億8,000万円
4月
事務所を神戸市東灘区に移転
10月
投資用マンションのコンサルティング事業開始
平成16年 4月
第2期決算 売上高 3億900万
6月
神戸商業会議所 エキスパートアドバイザー認定
11月
第1号建売事業 神戸市灘区天城通 完工後即完売
平成17年 2月
事業用店舗をデザイナーズオフィスとしてリノベーションし投資家に販売
4月
第3期決算
一棟収益 コンバージョン&リノベーション
ERコートシリーズ分譲開始 第1号物件
大阪府豊中市服部にERコート服部を取得
リゾート物件再生ビジネスを開始
 ・和歌山県 ヒューコ-スト周参見
 ・長野県 パサージュ木曽駒高原リゾート 等4物件取得
10月
M&Aビジネス開始
11月
コインパーキング事業開始 第1号物件として神戸市兵庫区上沢通の物件取得
平成18年 4月
第4期決算
5月
新築収益マンションシリーズ 第1号物件として、神戸市中央区に用地取得
「ERコート王子公園」プロジェクト始動 平成19年3月完成予定
6月
代表取締役 佐々木民幸 神戸青年会議所へ加盟
6月
不動産仲介子会社を設立
8月
大阪のレジデンス系中小ファンドにエクイティ出資
10月
狭小地再生ビジネス開始 第1号物件として神戸市灘区に敷地20坪の間口狭小物件に居住用収益を建築、即時満室稼働に成功
平成19年 4月
第5期決算
5月
自社所有用に自社プロデュース飲食店をオープン。バリューアップ後に三菱東京UFJ銀行引受
第1回 私募債発行
12月
山梨県において空室多数の賃貸物件を取得。同物件の即時満室稼働に成功
平成20年 1月
自社所有収益不動産 30棟達成
中期経営計画達成
4月
第6期決算
5月
自社テナントに有名人オーナーの飲食店誘致成功
6月
飲食店プロデュースチームを発足
8月
アミューズメント施設 オペレーション業務受託
9月
大阪市内にレジデンス系収益マンション2棟取得
10月
元経済企画庁長官 堺屋太一氏(作家)が主宰する関西再活動研究会「堺屋塾」に入塾。大阪経済の発展こそが、神戸も元気にするという持論のもとに経済活動に取り組む
平成21年 1月
リーマンショック後、大幅の金融収縮を受け、資本コストの高い収益物件2棟売却。
4月
第7期決算
5月
鹿児島県南離島における、アミューズメントファンド期日満了につき償還。
3年間 平均利回り 10.38%
7月
民主党県会議員による「神戸の街を活性化させる為の勉強会」を弊社が代表発起人として立ち上げる。
10月
飲食業プロデュース及び日本企業の中国進出の架け橋となるべく中国大連の市場を視察。
12月
地方産業促進を模索する神戸市交通局との契約により、神戸市市営地下鉄線の駅構内における物販事業に資本参加。
平成22年 1月

大阪市内 収益マンション 1棟購入
西宮市内 収益マンション 1棟購入
平成22年内に、自社貸室数を100室増加。収益マンション2棟程度の取得を目論むのと同時に収益オーナー向けコンサルティング業務の拡充を目指す。

2月
インターネットカフェ再生ビジネスに着手。運営受託を受ける。
3月
青少年の健全育成をバックアップする目的に於いて、六甲アイランド内のフットサルコートの運営を開始。「バレンシア ジャパン フットボール スクール」と業務提携を結ぶとともに、NPO法人と提携してスポーツ活動を通して社会貢献活動に参加していきます。
4月
第8期決算
9月
グループ会社として、マンション管理 コンサルティングを事業ドメインにしたレッドスタープロパティーを設立。
11月
エコ活動の視点から、産業廃棄物のリサイクル事業を受託
「地球に優しい事業を推進していく」取組を始動。
平成23年 1月
「地球に優しい事業を推進していく」一環として、自社保有不動産・店舗・スポーツ施設・etc をLED照明に切り替える。これによりLED照明のコンサルティング業務を行い、管理受託不動産の電気料金を大幅削減成功。
3月
1月~3月 神戸市内に区分所有賃貸マンション取得 3室
賃貸マンション1棟取得 約50室
インターネットカフェ自社物件 大阪市内に新規オープン。
4月
第9期決算
6月
神戸市灘区に賃貸マンション1棟取得 30室
7月
3ケ年修正経営計画策定
PL経営からBS経営へシフトするべく、不動産ポートフォリオを再構築
10月
福島県震災避難者(2家族)向けに所有物件を1年間無償提供
12月
更なる事業拡大を目指し、JR六甲道駅に自社ビル購入
平成24年 2月
JR六甲道駅前に本社移転
3月
第10期決算・10周年を迎える。
5月
介護事業セクション発足・医療コンサルタント会社を子会社化。
6月
一般社団法人 日本個人情報管理協会 審査員証取得
8月
新たな不動産事業活動促進の為、兵庫県庁より経営革新企業の認定を受ける。経営革新取得。
9月

医療法人豊繁会・近藤病院と業務提携

これにより、医療・介護の両面でのサービスがワンストップにてご提供出来る体制を構築。

12月

神戸市灘区収益マンション購入(1棟)
本社を基点とする不動産ドミナント戦略による。
1階空テナントへ有名飲食店を誘致。

平成25年 2月

神戸市内区分収益マンション購入

小規模ファンド組成を目論む。

3月
11期決算期
5月

東北復興支援事業第2弾開始 (除染関連)

福島県楢葉地区へプロジエクトチーム派遣。

7月

相続税増税を控え、市場では保有資産1億円前後の個人も相続税対策を講じる必要があり、相談も急増。

戦略商品として、木造収益ハイツを3棟着工する。

以降も、1億円前後の商品ERレジデンシャルを積極投入。

10月
京都で50戸数の収益物件取得(京都初進出)
12月
北野異人館街で駐車場運用開始
分譲戸建用地10区画取得
平成26年 1月
中期経営計画策定
太陽光発電ビジネスを新規展開
3月
阪急王子公園駅前ビルを取得。地元の活性化のため、街の賑わい創出の出来るテナントを誘致。
5月
産業太陽光発電事業に参入
7月

低圧発電所の売却事業、投資家へのコンサルティング事業も開始

10月

自社保有マンション屋上に太陽光発電所設置随時設置・利回向上
管理受託物件へも展開予定

鹿児島県曽尾於郡大崎町 低圧発電所×4発電所売却開始

宮崎県都城市東高崎町  低圧発電所×2発電所売却開始

11月
尼崎市内の不動産PM会社をM&Aにより完全子会社化。
これにより、100室のPM事業を尼崎・西宮で展開。
更にAM業務機能を拡充致しました。
平成27年 3月
太陽光大型発電用地(約30メガ)の仲介完了(東広島市のゴルフ場)
4月

第13期 決算

管理会社の買収効果および収益不動産の稼働率向上が寄与し

前年比売上 195%  

中期経営計画上の利益目標も達成

10月
インバウンドによる訪日客の急増により、7案件(ビジネスホテル・旅館等のコンバージョン・リノベーション・オペレーション)の総合プロデュース業務を一括受託。
平成28年 2月
資本金 5,000万円へ増資
3月

熊本県球磨郡あさぎり町にER太陽光発電プロジェクトにより大規模発電所開設

6月
尼崎市内 約60室の「サービス付高齢者住宅」新築・企画・運営・病院提携業務・AM業務を受託
平成29年 1月
高松支店 開設
3月

クリーンエネルギー普及推進の理念のもと(CO2排出抑制の環境配慮の取組として)自社で鹿児島県日置市に中規模太陽光発電所を取得。

5月

弊社では、不動産業をとおして、神戸の街をより良い街にする為にまちづくり事業に邁進してまいりましたが、5月11日より社名を「イーアールシティーズ」に変更いたしました。

従前は点での開発を行なっておりましたが、今後は面での開発を行いたいという思いを契機とし、社名を一新いたしました。

10月
セグメントマーケティングの観点から新設不動産販売会社「イーアールホームズ」 を開店。
これにより、今までの事業領域外の販売展開を行ってまいります。
平成30年 4月
阪急六甲駅前「阪急六甲ERCビル」を完全リノベーション。
駅前立地から地域の方の健康増進を理念に、ボクシング3階級王者長谷川穂積氏の主催するフィットネスクラブの企画・提案を行い、4月16日オープン。
8月

兵庫県政150周年記念「みなとこうべ海上花火大会」に協賛。

社会奉仕活動の一環として、花火鑑賞をしたことのない地元小学生および未就学児を協賛席へ無料ご招待

さらに、関西全域で皆様のお役に立てる企業を目指して、様々な取組みを具現化するような体制構築を志向してまいります。
このページのトップへ